第47回コロージョン・セミナー
(オンライン開催)

様々な腐食・劣化に対応できる腐食防食研究者・技術者を目指して
-電気化学測定に基づいた腐食反応評価・解析の理解―

趣旨

橋梁や道路など,人々の生活を支える社会インフラの腐食による経年劣化が近年,顕在化し社会問題となっています.そのためインフラの経年劣化の計測や診断により予寿命を的確に把握・評価する,またインフラの腐食による損傷や破壊の兆候を早期に検知して,保守や更新の計画に反映することが求められます.すなわち腐食防食に携わる研究者および技術者が果たすべき役割は今後ますます重要になり,使用環境・状態と金属材料との組み合わせによって様々に異なる腐食の原因を特定して適切な防食対策を提案できる研究者・技術者が期待されます.そこで本セミナーでは「様々な腐食・劣化に対応できる腐食防食研究者・技術者を目指して」を主題として,腐食現象・機構を基礎から理解し,今後直面するであろう様々な腐食問題に対応できる研究者・技術者としての素養を醸成することを目標としています.
今回,1日目に腐食現象を理解するために不可欠な電気化学の基礎について学習し,腐食診断・評価に必要な基礎的な電気化学測定および腐食モニタリングにも応用できる電気化学インピーダンス測定を習得することを目指します.2日目には社会インフラとして重要な金属材料の電気化学反応特性について実測例を用いて解説し,それぞれの材料の腐食の特徴も学習します.1日目と2日目の間に設けたインターバル期間に,受講生が本セミナー共通試験片を使った電気化学測定を行って頂くとともに1日目の内容を復習して,自身の理解を整理することで,2日目の講義内容をより深く理解でき,受講生の課題解決のきっかけになることを期待しています.

主催

 (公社) 腐食防食学会

日時 2022年11月21日(月),11月30日(水) ※ 参加申込締切 11月11日(金)
開催方法 Zoomミーティングによるよるオンライン開催
参加費(テキスト代含む,税込) 正会員・特別会員・協賛団体会員 33,000円,学生会員 11,000円,
会員外 44,000円

協賛団体

(特非) 安全工学会,(公社) 化学工学会,(一社) 火力原子力発電技術協会,(一社) 軽金属学会,(一社) 鋼管杭・鋼矢板技術協会,(一社)色材協会,(一社) 資源・素材学会,ステンレス協会,(公社)精密工学会,(公社) 石油学会,(公社) 電気化学会,(公社) 土木学会,(公社) 日本化学会,(一社) 日本ガス協会,(一社) 日本機械学会,(公社) 日本金属学会,(一社) 日本原子力学会,(一社) 日本建築学会,(一社) 日本高圧力技術協会,(公社) 日本工学会,(一社) 日本鋼構造協会,(公社) 日本材料学会,(一社)日本伸銅協会,(公社) 日本水道協会,(公社) 日本セラミックス協会,(一社) 日本チタン協会,(一社) 日本鉄鋼協会,(一社) 日本非破壊検査協会,(公社) 日本プラントメンテナンス協会,(一社) 日本防錆技術協会,(一社) 日本溶接協会,(一社) 表面技術協会,(一社) 溶接学会

申込方法

 参加申込書に必要事項をご記載の上,FAX・メール・郵送のいずれかでお申し込みください。なお,お申し込みいただいて 1 週間経過しても事務局からの受付メールが届かない方はご連絡ください.

申込先 〒113-0033 文京区本郷2-13-10
(公社)腐食防食学会
Tel.03-3815-1161, Fax.03-3815-1291
E-mail: naito-113-0033@jcorr.or.jp

詳細・お申込用紙はこちら

プログラム

11月21日(月)

9:00~10:30 1. 腐食反応を理解するための電気化学の基礎(1)
東北大学 菅原 優
10:45~12:15 2. 腐食反応を理解するための電気化学の基礎(2)
東北大学 菅原 優
13:30~15:00 3. 腐食評価のための電気化学測定の基礎
大阪大学 土谷博昭
15:15~16:45 4. 電気化学インピーダンス法による腐食モニタリングの基礎
名古屋工業大学 星 芳直

11月30日(水)

9:00~9:45 1. ステンレス鋼の腐食
経済産業省/(国研)物質・材料研究機構 堤 祐介
10:00~10:45 2. 鉄鋼材料の腐食
日本製鉄株式会社 出路丈時
11:00~11:45 3. アルミニウム・アルミニウム合金の腐食
株式会社UACJ 京 良彦
13:30~15:00 4. 電気化学測定の実際ー測定例を交えながらー
全講師
15:15~16:00 5. 質疑応答
全講師