「危険物施設の鋼製地下貯蔵タンク・配管に適用する電気防食規格及びガイドライン」2022年度Web講習会

趣旨

本会は2019年1月31日に「危険物施設の鋼製地下貯蔵タンク・配管に適用する電気防食規格及びガイドライン(JSCE S 1901:2019)」(以下「規格及びガイドライン」)を制定致しました.
これに対応し,2021年3月27日に総務省消防庁危険物保安室長殿から消防危第89号通知が発出され,既設の地下貯蔵タンクや地下埋設配管に対して電気防食の措置を講ずるに際し,上記「規格及びガイドライン」に基づき施工,運用することが適切である,と示されました. これらを受け資源エネルギー庁の「過疎地等における石油製品の流通体制整備事業」における申請手引書においては,地下タンクの漏えい防止用電気防食工事は,上記「規格及びガイドライン」を遵守すること,と規定されました.
このような経過から,本会は危険物施設設置に際して許可,検査等の業務を担当される全国の消防本部,消防署の消防官の皆様に広く「規格及びガイドライン」の内容をご理解頂く必要があると考え,過去3回講習会を開講して参りましたが,参加頂いた消防本部,消防署は合計58カ所にとどまっており,また都道府県庁所在地の消防本部、消防署からの参加が極めて少なかった点を懸念いたしております.
今回の「規格及びガイドライン」の制定は添付の「講習会の重要ポイント」に示すように,①電気防食効果の判定基準が ISO 国際規格を採用し変わったこと,②既設地下貯蔵タンク施設にマッチした陽極数量と配置の基準,電位測定用挿入管の配置の基準を示す等,既設危険物施設の電気防食の根幹にかかわる重要な事項を規定しております.この内容を理解し,把握頂くことが,危険物施設における電気防食システムの適切な設置,管理において必須となりますので,是非講習会に参加頂き,修得して頂きますようお願い申し上げます.
講習会におきましては,第一部において「規格及びガイドライン」の内容について現場・実践的な解説を行うと共に,第二部において受講者の皆様と講師陣とをオンラインで繋ぐ質疑応答の時間を設けております.
全国の消防本部並びに消防署の皆様,特に未受講の消防本部,消防署の皆様におかれましては,万障お差し繰りの上,参加いただきますようご案内申し上げます.

主催

 (公社) 腐食防食学会

開催日時 2022年4月26日(火)13:30〜17:00
開催方法 Web講習会(動画配信+Zoom meetingによる質疑応答)
参加費
(税,講習会資料(PDFデータ)代含む)
 3,000円
*規格ガイドラインは,下記の当学会ホームページより
ご購入ください(別売)
参加申込締切 2022年4月20日(水)

申込方法

 2021年12月1日から受付を開始いたします.本会ホームページ(https://www.jcorr.or.jp/)に掲載の「危険物施設規格及びガイドライン講習会」案内に掲載の参加申込書に必要事項をご記入の上,以下の本会事務局メールアドレス宛に送信ください.

申込先 〒113-0033 文京区本郷2-13-10
(公社)腐食防食学会
Tel.03-3815-1161, Fax.03-3815-1291
E-mail: naito-113-0033@jcorr.or.jp

詳細・お申込用紙はこちら

プログラム


13:30~13:35
第二部 開会の辞
日本製鉄株式会社
腐食防食学会技術委員長
金子道郎
13:35〜13:50
1.電気防食効果の判定基準
東京ガスパイプライン株式会社
規格改正委員会委員長
梶山文夫
13:50~14:00
2.電気防食対象施設の健全性の確認
株式会社タツノ
田口 彰
14:00~14:30
3.電気防食の設計
元トキコシステムソリューションズ株式会社
雨森宏之
14:40~14:50
4.電気防食の施工
日本防蝕工業株式会社
伊藤善夫
14:50~15:05
5.電気防食装置の調整に関わる計測方法
トキコシステムソリューションズ株式会社
吉田烈臣
15:05~15:35
6.電気防食装置の調整
ナカボーテック株式会社
正田泰樹
15:35~15:45
7.電気防食装置の維持管理
トキコシステムソリューションズ株式会社
山本有二
15:45~15:50
閉会の辞
東京ガスパイプライン株式会社
規格改正委員会委員長
梶山文夫
15:55 ~ 16:55
第二部 質疑応答(Zoom)
受講者の方々と講師陣とをオンラインでつなぎ,
受講者の方々のご質問にお答え致します
16:55~ 17:00
閉会の辞
日本防蝕工業株式会社
小林厚史