第65回材料と環境討論会
【10月29日(月)~31日(水)】

2018年10月29日(月)~31日(水),「第65回材料と環境討論会」が開催されることとなりました.
多数の講演申込およびご参加をお待ちしております.

主題

防食技術におけるイノベーション ―文明社会を成立させる防食技術の開発―
現場における維持管理技術 ―より優れた輸送機器の開発に資する防食技術―
大気暴露試験と腐食促進試験 ―シミュレーション技術の発達に伴う腐食形態の予想と定量化―

主催

公益社団法人腐食防食学会
*本講演大会は,「公益財団法人 富山人づくり財団」および「富山市」のご後援をいただき開催しております.

〒113-0033 東京都文京区本郷2-13-10 湯淺ビル5F
Tel:03-3815-1161,Fax:03-3815-1291
E-mail:ysm.hng-113-0033@jcorr.or.jp
Web site:http://www.jcorr.or.jp/

【討論会プログラムはこちら】

※こちらのプログラムは暫定版となり,大会直前まで変更される可能性がございます

実行委員会
実行委員長 砂田 聡
実行委員 池野 進,興戸正純,小野恭史,兼松秀行,河野浩三,北村一浩,
京 良彦,黒田大介,上坂美治,兒島洋一,才川清二,櫻田 修,
高橋 誠,高林宏之,田中法幸,布村紀男,羽木秀樹,畠山賢彦,
藤井 要,増井龍也,松田健二,門前亮一,山田 豊,山本尚三,
吉野一郎
プログラム編成委員会
プログラム編成委員会委員長 深谷祐一
プログラム編成委員 加治芳行,堤 祐介,野田和彦,松岡和巳,松川安樹,八鍬 浩

協賛

(特非) 安全工学会,(公社) 化学工学会,(一社) 火力原子力発電技術協会,(一社) 軽金属学会,(一社) 鋼管杭・鋼矢板技術協会,(一社)色材協会,(一社) 資源・素材学会,ステンレス協会,(公社)精密工学会,(公社) 石油学会,(公社) 電気化学会,(公社) 土木学会,(公社) 日本化学会,(一社) 日本ガス協会,(一社) 日本機械学会,(公社) 日本金属学会,(一社) 日本原子力学会,(一社) 日本建築学会,(一社) 日本高圧力技術協会,(公社) 日本工学会,(一社) 日本鋼構造協会,(公社) 日本材料学会,(一社)日本伸銅協会,(公社) 日本水道協会,(公社) 日本セラミックス協会,(一社) 日本チタン協会,(一社) 日本鉄鋼協会,(一社) 日本非破壊検査協会,(公社) 日本プラントメンテナンス協会,(一社) 日本防錆技術協会,(一社) 日本溶接協会,(一社) 表面技術協会,(一社) 溶接学会

Back to Top

講演資格

本会会員(正会員・特別会員・学生会員・永年会員・名誉会員),会員外および協賛学協会会員

※詳細は講演申込をご確認ください

会場

toyama_outward.jpg富山国際会議場 2階,3階

〒930-0084 富山市大手町1-2
Tel:070-3880-3006(期間中のみ)
交通:バス「城址公園前」(約5分)下車 徒歩3分
徒歩「城址大通り」南へ約15分,
市内電車(セントラム)「国際会議場前」(約7分)下車
Web site:https://www.ticc.co.jp/access/

技術交流会(10/30(火)時間未定)
:ANAクラウンプラザホテル富山
※外部会場へ移動となります

富山国際会議場 正面向かって左隣(写真後方)

Back to Top

講演申込

講演申込は締め切りました.多数のお申込をありがとうございました.

講演申込一覧はこちらをご確認ください

注意事項

・期限を過ぎてからの受付は一切行いません.
・プログラムの編成にあたって,講演日などの希望はお受けできません.
・講演申込締切日から一定期間後のキャンセルは,プログラムに題目と名前が掲載される場合があります.
・受付時に表示される受付番号は,申込確認など問い合わせの際に必要となりますので大切に保管してください.

研究技術分野 建設・土木・社会資本,建築設備,化学装置,水処理・淡水腐食,電気・電子機器,電気防食,原子力材料,送電・通信設備,微生物腐食,高温腐食,大気腐食,腐食事例,局部腐食,表面処理・インヒビター,生体材料,電池材料・評価,応力腐食割れ(SCC)・水素ぜい化,腐食基礎・現象解析,エロージョン・コロージョン,腐食計測・評価,新材料開発・評価
※プログラム編成時の参考にしますので,最も近いものを選んでください
講演資格 本会会員(正会員・特別会員・学生会員・永年会員・名誉会員),会員外および協賛学協会会員
コンペティション セッション参加資格 2018年4月1日時点で30歳未満であること
(博士学位取得者および受賞歴のある者は対象外)
※表彰がありますので,講演者は必ず2日目夜の技術交流会に参加してください
講演時間 一般講演25分(講演18分,討論7分)
S講演15分(講演10分,討論5分)
コンペティションセッション15分(講演10分,討論5分)
国際セッション25分(講演18分,討論7分)
講演言語 日本語あるいは英語

Back to Top

予稿原稿

以下の提出手順をご参照の上,2018年8月22日(水)までにご提出ください.

ご提出までの手順(必ずご確認ください)

  1. Wordファイルの作成

    「予稿原稿作成要領」

    の内容を確認したいただいた上で,win_template.doc(Win版)またはmac_template.doc(Mac版)にしたがって予稿原稿を作成してください.
  2. PDFファイルへの変換

    Wordファイルを,"文中で使用したフォントをすべて埋め込んだPDFファイル"に変換してください.
    PDF変換には,Adobe社製のAcrobat製品Ver. 6以降の利用を推奨しますが,その他のアプリケーションで作成されたPDFも受け付けます.
    ただし,「すべてのフォントが埋め込まれている状態」に限ります.

    ***フォントの埋め込み処理方法(最新版Adobe用)***
    【1】 ファイル→印刷で印刷メニューを開き,プリンター選択タブでプリンターではなく「Adobe PDF」を選択.
    【2】 同じく印刷メニュー内の[プロパティ]にて,PDF設定で「高品質印刷」を選択.
    【3】 【1】 と【2】 の設定をした上で,印刷ボタンからPDFとして保存.
    ※埋め込み処理されているかどうかは,Adobe Acrobat Proにてファイル≫プロパティ≫フォントから確認できます
    すべてのフォント名の後に(埋め込みサブセット)と表記がついていればOKです

  3. ファイル名の指定

    完成したPDFのファイル名を,申込者宛にメールでお知らせされた各自の予稿原稿ファイル名(例:f18a101.pdf)として,下記の予稿原稿受付専用E-mailアドレス宛にご提出ください.

予稿原稿提出先

予稿原稿提出締切 2018年8月22日(水)

■予稿原稿受付専用E-mailアドレス
Windows 利用者: jcorr18f@jcorr.or.jp
Macintosh 利用者: jcorr18fmac@jcorr.or.jp

◎予稿原稿の内容について,社内や各方面への許可申請などが必要な場合は,お日にちに十分余裕を持ってお手続きを行っていただきますようお願い申し上げます.締切を過ぎたご提出は受付不可となりますので,何卒ご了承ください.

「予稿原稿作成要領」を満たしていない予稿原稿は受け付けできかねますので,ご協力のほどお願いいたします.

Back to Top

講演要領

講演者の方は,必ずこちらの「講演要領」をご確認ください.

※会場設備などの都合で大会直前に変更される可能性がありますので,大会直前にメール配信(講演申込者のアドレス宛)される「講演要領」も再確認していただきますようお願いいたします.

Back to Top

参加申込

参加申込につきましては,7月下旬よりこちらのHPおよび学会誌「Zairyo-to-Kankyo」Vol.67, No.8(2018年8月15日発行),No.9(2018年9月15日発行)に掲載予定です.
本会会員外の方でも参加を受け付けます.

【参加申込書はこちら】

参加申込締切(予約) 2018年10月5日(金)

※講演集事前送付および割引価格適用

参加申込締切(本〆切) 2018年10月25日(木)

※運営の都合上,討論会当日は現地会場での参加申込を受け付けません
お申し込みのお忘れがないよう十分ご注意ください
※講演者も参加申込が必須です

*見学会(立山黒部アルペンルート)のお知らせ*

第65回材料と環境討論会の一環行事として,下記の通り見学会を実施いたします.
11月初めは高山の紅葉が真っ赤に映える時期です.また,黒部峡谷に建設された日本一巨大な黒部ダムは,美しいアーチを描く巨大建造物と豪快な放水で迫力満点!黒部ダムには興味深いエピソードもたくさんあります.標高3000メートルを誇る日本アルプスを巡り,黒四ダムに至る一大パノラマを満喫してください.

teteyama.jpg

日時 2018年11月1日(木)7:15~18:30

参加費 9,800円

参加資格 講演大会への参加者

申込締切 2018年10月5日(金)

【ツアー詳細・参加申込書はこちら】

Back to Top