第188回腐食防食シンポジウム
※定員に達したため参加申込は締め切りました

主題:化学プラント設備における外面腐食
~保温材下腐食を中心に現状とその管理や検査技術について~

趣旨

 石油精製,石油化学,化学工業などの装置産業は建設から40年以上経過している設備が多く,高経年化が進行しています.プラント機器や配管類が長年大気環境に曝され,雨水による湿潤環境での劣化や特に沿岸部においては海塩粒子も飛来し外面腐食の発生する可能性が高くなっています.本シンポジウムでは,これら膨大な設備の外面腐食管理方法と検査技術について,保温材下腐食を中心にプラントユーザーの取組みや最近の技術動向を踏まえながら,事例を紹介していきます.

主催

 (公社) 腐食防食学会

日時 2018年7月12日(木)10:00~16:50
場所 全水道会館 5階中会議室
交通 JR総武線 水道橋駅東口より徒歩2分,都営三田線 水道橋駅A1出口より徒歩1分
参加費(消費税込み) 正会員・特別(法人)会員・協賛会員 5,150円,学生会員 2,060円,会員外 8,230円
定員 70名(先着順)

協賛団体

 (特非) 安全工学会,(公社) 化学工学会,(一社) 火力原子力発電技術協会,(一社) 軽金属学会,(一社) 鋼管杭・鋼矢板技術協会,(一社)色材協会,(一社) 資源・素材学会,ステンレス協会,(公社)精密工学会,(公社) 石油学会,(公社) 電気化学会,(公社) 土木学会,(公社) 日本化学会,(一社) 日本ガス協会,(一社) 日本機械学会,(公社) 日本金属学会,(一社) 日本原子力学会,(一社) 日本建築学会,(一社) 日本高圧力技術協会,(公社) 日本工学会,(一社) 日本鋼構造協会,(公社) 日本材料学会,(一社)日本伸銅協会,(公社) 日本水道協会,(公社) 日本セラミックス協会,(一社) 日本チタン協会,(一社) 日本鉄鋼協会,(一社) 日本非破壊検査協会,(公社) 日本プラントメンテナンス協会,(一社) 日本防錆技術協会,(一社) 日本溶接協会,(一社) 表面技術協会,(一社) 溶接学会

申込方法

 定員に達したため,参加申込は締め切りました.多数のお申込みをありがとうございました.

プログラム

10:00~10:10
1.化学プラントの外面腐食
-シンポジウムの概要-
三菱ケミカル株式会社 大津孝夫
10:10~10:50
2.保温材下腐食の概要と現状の課題
旭化成株式会社 中原正大
10:50~12:20
3.保温材下腐食の管理
3.1.保全部門と製造部門の協業による目視検査 JXTGエネルギー株式会社 中村輝久
3.2.外面腐食の目視検査およびシール材評価 三菱ガス化学株式会社 福田秀樹
3.3.外面腐食の管理方法について 株式会社トクヤマ 轟 智成
13:20~14:50
4.保温材下腐食の検査技術(架台接触部腐食含む)
4.1.ユーザーから見た外面検査技術 JXTGエネルギー株式会社 大西敬造
4.2.外面検査ロボット開発や中性子水分計について 三菱ケミカル株式会社 三浦 到
4.3.電磁超音波探触子を用いた架台接触部腐食検査方法 住友化学株式会社 楠本達也
15:00~16:10
5.外面腐食対策としての塗装技術
5.1.外面腐食対策としての補修塗装の現状と課題 ダイキン工業株式会社 平山隆一
5.2.塗料概論とプラント塗り替えにおける技術動向 関西ペイント株式会社 松田英樹
16:10~16:50
6.総合討論