主題 水素社会に向けた水素自動車,水素燃料電池,水素ステーションの現状

趣旨
石炭,石油のような化石燃料に代わる次世代のクリーンなエネルギーとして「水素」が挙げられ,水素社会の実現に向けて,産業界では「水素燃料電池」や「水素自動車」,「水素ステーション」など「水素」に関する重要なプロジェクトが数多く行われています。この水素社会の実現にむけて,腐食防食に関する材料選択が一つのキーワードとなります。例えば,水素は,腐食環境下や溶接時に材料に侵入し,材料を破壊させてしまう脆化現象を起こします。さらに,自動車や構造物などの材料の軽量化に伴い,高強度化をしていくと,水素の割れ感受性は高くなります。従って,水素脆化が生じない材料選定を行うことが重要となります。
 そこで,「水素自動車,水素燃料電池,水素ステーション」の実現にむけた最新の研究ならびに今後のプロジェクト動向などについて,大学の先生および企業の有識者から,説明いただく技術セミナーを企画しました。「鉄鋼材料」,「ステンレス鋼」,「チタン」に関する水素脆化をはじめ,「水素自動車,水素燃料電池,水素ステーション」の実現に向けた取り組みや,その現状について話題提供いただき,わかりやすく解説していただくことを予定しております。技術者,研究者および学生の皆様の多数のご参加をお待ちいたしております。

主催 (公社)腐食防食学会
協賛 安全工学会,(公社) 化学工学会,(一社) 火力原子力発電技術協会,(一社) 表面技術協会,(一社) 軽金属学会,(一社) 鋼管杭・鋼矢板技術協会,(一社) 色材協会,ステンレス協会,(公社) 石油学会,(一社) 日本チタン協会,(公社) 電気化学会,(公社) 土木学会,(公社) 日本化学会,(一社) 日本ガス協会,(一社) 日本機械学会,(公社) 日本金属学会,(一社) 日本建築学会,(一社) 日本原子力学会,(一社) 日本高圧力技術協会,(一社) 日本鋼構造協会,(公社) 日本工学会,(一社) 資源・素材学会,(公社) 日本コンクリート工学会,(公社) 日本材料学会,日本伸銅協会,(社) 日本水道協会,(公社) 日本セラミックス協会,(一社) 日本鉄鋼協会,(一社) 日本非破壊検査協会,(公社) 日本プラントメンテナンス協会,(一社) 日本防錆技術協会,(一社) 日本溶接協会,(一社) 溶接学会

日時 平成28年5月12日(木)9:20~16:55
場所 中央大学駿河台記念館6階 670号室
交通 JR中央・総武線 御茶ノ水駅徒歩3分,東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅下車徒歩6分,東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車徒歩3分
参加費(消費税込み)
正会員,特別会員(協賛団体会員) 16,200円,学生会員 無料(資料は有料),会員外 27,000円
定員 70名
申込方法 下記の申込書に必要事項をご記載の上,ファクシミリまたはメールにてお申し込みください。なお,お申し込みいただいて1週間経過しても受講票が届かない方は事務局までご連絡ください。

申込書クリックしてください

申込先
〒113-0033 文京区本郷2-13-10
 (公社)腐食防食学会
 Tel.03-3815-1161, Fax.03-3815-1291
 ysm.hng-113-0033@jcorr.or.jp

講義内容
9:20~10:35 
1.水素に関する基調講演
上智大学 高井健一

10:45~12:00
2.材料評価研究・試験の世界動向「金属材料の高圧水素ガス環境中における評価研究試験」
元産業技術総合研究所 横川清志

12:40~13:40 
3.水素用材料
新日鐵住金株式会社 大村朋彦

13:40~14:40
4.水素ステーションの動向
JX日鉱日石エネルギー株式会社 福永明彦

14:50~15:50
5.水素燃料電池
同志社大学 稲葉 稔

15:50~16:50 
6.水素自動車「燃料電池自動車の圧縮水素容器基準の国際調和活動について」
日産自動車株式会社 榊田明宏

16:50~16:55
7.総合質問